カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ

圧倒的な脅威をまえに 「いま」こそ日本の核心に迫る! 平成二十二年九月に起きた「尖閣事件」は"中国"という驚異の存在をまじまじと国民に見せつけた。が、マスコミと野党が民主党叩きでウサ晴らしをしている間にも、尖閣諸島をはじめ、竹島、北方領土など領土問題は、深刻の度合いを一層深めていく。 本書は「尖閣事件」の表層に留まるのではなく、「問題の本質は憲法にあり」と喝破した識者11人による日本をよくするための総力特集であり、稀代の碩学渡部昇一が監修する。国防や安保、対中国、政教分離、正統性、制定過程など憲法におけるあらゆる論点を1冊にまとめた。

中国が攻めてくる!日本は憲法で滅ぶ

価格:

1,320円 (税込)

購入数:

渡部昇一 監修 46版/280頁

ページトップへ